スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2018年

スタッフ日記

NO.224 ネコの毛球症とブラッシング(2018/10/11)

こんにちは!大治町、清須市、中村区、中川区、津島市、愛西市の近隣にありますあま市の あま動物病院 です

私はニャンコ3頭と一緒に暮らしているのですが、時々見られる「毛玉吐き」。
ネコちゃんを飼ってらっしゃるお家では珍しくない光景だと思いますが、
今日はこの「毛玉吐きと毛球症」「ブラッシング」についてのお話です。

ネコちゃんは本来とても綺麗好きで、体を清潔に保つために毛繕いをしたり、驚いたり、危険を回避したときなども精神を落ち着かせるために毛繕いをすることがあります。
この時に飲み込んでしまった毛玉は消化することができず、毛玉として吐いたり便と一緒に排泄されたりしています。
しかしこれらの毛玉が何らかの理由でうまく排出できず、胃や腸に大量の毛が溜まって固まった状態が「毛球症」と言う状態です。
この「毛球症」侮ることができず、重度の場合手術をしてお腹から取り出さなければならない事も・・・

自宅でできる簡単な予防法の一つが ブラッシングです。

ただし、無理やり押さえつけてブラシする事はネコちゃんのストレスになりますし、1回だけ何とかできたとしても続かなければ意味がありません。
ブラッシングのこつは、ネコちゃんが大人しくしている時に嫌がらない場所から短時間で、です。
嫌がる前に短時間で切り上げ、少しずつ時間を長くし場所を拡げていきましょう。
ブラシを皮膚に強くあてすぎないように注意しながら行うようにしてくださいね。
ブラッシングで余分な抜け毛を取り除いてあげることで、毛が体の中に入るのを防ぐことが出ますし、ネコちゃんとのスキンシップにもなり一石二鳥です♪

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ