スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2018年

スタッフ日記

NO.242 重要なお知らせ(2018/12/3)

おはようございます。
あま動物病院の関です。

本年も残すところあと1ヶ月を切りました。
まだまだ年内にやっておきたいことや、来年やりたいことの準備など色々とあるのではないでしょうか?

当院も来年は大きな変化が起きる年になりそうです。
本日は、その準備となるお知らせを書かせて頂きたいと思います。


①まず、先月から行っている増築工事ですが、工事に伴い皆様にご不便おかけし申し訳ございません。
2月中旬頃まで工事が続く予定ですので、来年も引き続きご不便おかけすることと思います。


②当院で1年半働いてくれた津田獣医師が来年1月5日をもって退職することになりました。
今後は、臨床での経験を活かし、より広い視野で動物たちのための仕事をしていくとのことです。

これに伴い、平日午後と土日祝日は、院長である私一人での診察になります。
土日祝日は特に二人で診療していても長時間お待たせしてしまうこともある状況のため、1月6日以降はさらにお待たせしてしまうことが危惧されます。
スタッフの能力向上や仕事の見直しによる業務の改善もおこなっては参りますが、それでもすぐには難しいと思います。
そこで、皆様には大変申し訳ないのですが、本日からウサギさんやハムスターさんなどの犬猫以外の小型哺乳類の新規の患者様の診療を、診療体制が整うまでお断りさせて頂く運びとなりました。
飼育されている方には、本当に申し訳ありません。

以前から獣医師の募集も積極的におこなっておりましたが、この人手不足と言われる昨今、なかなか採用には至らないのが現状です。
特に犬猫以外の動物を診療できる経験者は少なく、私一人では安定した診療をご提供できないと判断し、このような決断を取らせて頂きました。
4月から新卒の獣医師は入る予定ですが、すぐには診療をすることはできません。
犬猫以外の動物の診療にも興味があるそうなので、近い将来、診療を再開できるようにしっかりと教育し大切に育てていきたいと思っております。
どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


③働き方改革が推し進められるようになって2年、来年4月からは有給休暇の年5日間以上の取得の義務化や残業時間の上限規制も厳しくなっていきます。
このこと自体は労働者の方々にとって良いことです。
当院でもスタッフのライフワークバランスの充実化や健康促進につながり、
スタッフの幸せが増す→飼い主様や動物たちのために今以上に熱心に働いてくれる。
こうなれば、とても素晴らしいことです。
中小企業での義務化は2020年からのものもありますが、当院では早々に来年から厳守する次第です。
ですが、これは同じ仕事量を少ない時間や少ない人数でこなす必要があるということ。
つまり、これを実現するには、人手を増やすか仕事の効率化を図るか。
先ほども申し上げたとおり、人手の確保は年々難しくなってきています。
一方で、ありがたいことなのですが、当院の患者様は増え続けています。

当院の始業開始時間は7:50、診療開始時間は8:30。
入院の子が多い日などは、スタッフが自主的に早く出社してくれるようになってしまいました。
そこで、2月から診療開始時間を9:00に変更し、入院の子のお世話など、朝の業務の充実化を計ることにしました。


それ以外にも今後変更点が出てくることと思います。
どの変更もスタッフの幸せや、結果的には飼い主様や動物たちの幸せにもつながる変更であるように心がけますので、どうぞご理解頂きたく思います。

今後ともあま動物病院をお願いいたします。

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ